ENGLISH|日本語   【お問合せ】東京研究所 
 白金ナノ粒子水溶液について  本社 

 当社製白金ナノ粒子水溶液の特徴 

  水溶液中に白金(プラチナ)をナノサイズのまま分散、維持する事に成功しました。
 「抗菌・消臭・抗ウイルス」の効果が有る事が確認されています。

  抗菌・消臭性能
 当社製白金ナノ粒子水溶液を繊維製品に含浸させ、乾燥することによって、
  内部まで白金ナノ粒子が付着した繊維(白金加工繊維)では、
 (一社)繊維評価技術協議会が定めるSEK赤マーク(制菌加工・特定用途)の
  取得までに至りました。
  繊維生地でSEK赤マークを取得するには、80℃のお湯で50回洗濯した後
 抗菌性試験に合格する必要があり、また、安全性についても様々な試験を
 クリアしなければなりません。
 
  SEK橙マーク(制菌加工・一般用途)SEK青マーク(抗菌・消臭)の取得実績もあります。
  SEKマーク取得の際に通常必要な安全性データが不要になる登録加工剤リストにも
 登録されています(No.K009A)。
  ※SEKマークについて詳しくは(一社)繊維評価技術協議会にお問合わせ下さい。
 

  

 抗ウイルス性能
 
(一財)北里環境科学センターの協力で抗ウイルスの研究を進めた結果、
  ウイルスの活性を抑制する効果があることがわかりました。
 マスクやシーツへの加工や、壁面への施工(スプレーで散布)等、
 様々な対象物に白金ナノ粒子を付着させることで感染予防が期待できます。
 超音波式加湿器のタンクに少量の当社製白金ナノ粒子溶液を加え、
 空気中のウイルス・菌を抑制することを想定した試験でも、よい結果が確認できました。

 抗酸化性能
 
果物の皮やフィルムに加工することで、酸化や腐敗を遅らせることができました。
 当社製抗酸化用白金ナノ粒子溶液は、飲料水への添加実績もあり安全です。
 
 また、化粧水や香水に添加したところ、モニターから『お肌がしっとりとする』
 『潤いが持続する』等、高評価でした。
 

 我が社では検査を何度も重ね、数種類のデータを取り、
  自信のあるものをお客様のもとへお届けします。
 
                 他社製品との比較